Den-kuri Master

音更町在住のアーティスト、ドラマーである岩本氏(R3,Milton’s Garden Orchestra)の依頼による
MIDI同期可能な体感メトロノーム

Den-kuri Master finish!!

Den-kuri Master finish!!

Den-kuri Master finish!!

その他Flickr Photo

クリック音(メトロノーム)をヘッドホンで聞きながら叩いているドラマーは多いですが、
クリック音が周りの音に負けないようにかなり音量を上げなくてはならず
そうすると難聴の危険性もあるし、周りの音を聴けない、
さらにはヘッドホンすらも煩わしいという悩み(これ本人談)を解消するため
クリックを「体感」できるメトロノームをMIDI同期機能を加えて製作してみました。

当初、ローカルBPMとMIDI Clockへの同期だけを考えていたのですが、
帯広在住の小西輝男氏(R3、コンポーザー)宅でプロトタイプをテストしてる段階で
小西さんからMIDI Noteにも同期したらもっと面白いかも。というナイスなアイデアを
貰って急遽MIDI Note同期を実装してみました。
さすがプロは着眼点がちがう。。

今回は表示部分においていつかやりたいと思っていたLED光を筐体から透過させる方法。
がんばってやってみました。
本当はエンドミルつかって削りたかった。。。
でも本来はプラスチックの材質から射出成形?の段階からやるのが筋なんだろうなあと痛感。
でも、かっこいいからやっちゃう。

マイクロチップはAVR
開発環境は Mac、XCode、AVR MacPack(gcc)、自作AVRライター



電クリベルト装着

*** Den-kuri Masterの機能 ***

・体感クリック
電極を体に(背中の腰を想定:一番動きが少ない箇所かと)貼り付け
電気刺激により筋肉を収縮させてクリックとして体感させます。
クリック感が明確に、ある程度速いBPMでも解像度がなまらないようパルスを工夫してみました。

電クリにおいて実装した機能は
1 ローカルBPMジェネレータ
  ツマミによりBPMを設定し、そのBPM間隔でクリックさせます。
  5で設定した拍(デフォルトは4拍子)の通りに
  小節頭のクリックは強く、そのほかは弱くクリックする。
  (2,3のモードも同様)

Den-kuri Master

2 MIDI Note同期
  logicやLiveなどのDAWソフトでクリック用のトラックを作成し、クリックデータを打ち込みます。
  (小節のアタマのクリックはノートNo:64、そのほかはノートNo:60)
  このノートNoに同期してクリックさせます。
  任意のパターンでクリック可能となり、リズム体感以外の利用方法も考えられたり?

Den-kuri Master

3 MIDI Clock同期
  ホストPCからのMIDI Clock(logicやLiveなどなど)に同期してクリックさせます。
  DAWのBPMを変えると当然これに同期します。
  PCによる打ち込みを使用するライブなどで使えそうな。

Den-kuri Master

4 TAP機能
  TAPボタンを押すと、1〜3の機能からシームレスにTAPモードへ切り替わります。
  ライブ中即座にBPM変更できるようになります。
  尚、TAPモード時にSELボタンを押すと、TAPモード直前のモードへ戻ります。

5 拍変更(meter change)
  TAPモード以外でSELボタンを押すと、拍が変更できます。

6 クリックのスタート、ストップ
  スタート時は小節の頭へとリセットします。

7 MIDI CH変更
  MIDI chの変更ができます。(1〜16ch)

Den-kuri Master

8 外部リモート
  TAP及びクリックスタート・ストップは、フットスイッチによるリモートが可能
  セッションやインプロなどのライブで使えそう?

Foot SW (Den-kuri option) for drummer

9 輝度変更

Den-kuri Master overview
Den-kuri Master overview
Den-kuri Master display

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>