Posts in Category: DIY

ただいまiPhoneアプリ作ってます。

iOSCです。

ベタですねー。
これはOpen Sound Controlプロトコルを送信するiPhone/Touchアプリケーションです。

・ライブなどで誤操作を防ぐのに、ボタンなどはサイズを大きめに
・パーツの外観やOSCメッセージをカスタマイズできるように
・さらに別個のホストPCを同時に制御できるマルチホスト機能
などが特徴かなー。

最初はほんとにごくごく単純なOSCアプリケーションにするつもりが
次期バージョンも視野に入れて作ってたら徐々に機能増えていってしまいました。
およそ形になってきたのでそろそろApp Storeへ一所懸命申請準備中。

昨日、共同でiPhoneアプリを作っている人の家でデモ動画撮ってきました。

先日作ったAVR-OSCの具体例
別にナイトライダーに特別な思い入れはないんですが
安く手に入ったのでAVR-OSC載っけてiPhoneでワイヤレスコントロール。
アクセスポイントは2階から。
実はWi-PortはアドホックでもOKなのですが、iPhoneってどうしてもアクセスポイントがないとだめみたい。
要はラジコンなんだけど、
「非JB iPhoneで非PCをコントロール」することがロマンですねー。とっくに先人はいるけど。

こちらはマルチホストの実例
2台のMacにMax/MSPの同じパッチ、同じOSCメッセージで起動。
ただしIPアドレスは別。
iOSCの各ボタン、スライダーにはそれぞれのIP(host)を振り分けてOSCメッセージを登録することができるので
このような複数台同時操作が可能です。

これはAbleton Liveの実演
LiveにはOSC機能がないので、OSC-MIDIブリッジのOSCulatorを使用しました。
いずれOSC-MIDIブリッジもつくらないといけないなーと思ってるんですが。
TouchPadでエフェクト変えていますが、
X軸、Y軸それぞれ単独でOSCメッセージを投げています。
なので、Padをより汎用的に使えると思います。

音源、というかLiveのネタは友人のR3のmorphを借用しちゃいました。

Share on Facebook

イベント用ストロボライト制作

台数が増えたので居候先の姪っ子ヘルプ
ケーブルの末端処理の単純作業だけど本数が多いので助かった。
supported by the niece

基板はできたので、あとはストロボ改造。

Share on Facebook

ストロボライトの改造

自動点滅しかしないストロボライトを改造して
外部入力で点灯制御できるように改造してみた。。
北海道の友人達が10月にiPhoneを使用したライブをするのです。
これはMax/MSPで制御するよーです。

そーいえばフォトMOSリレーって初めて使ったけど
なんつー便利な石なんでしょ。高いけど。

modified strobe light

Share on Facebook

ちょっとしたモノ

作り中。
工具やストック部品はまだ北海道から送ってないので
とりあえずの部品と安っすい工具をアキバで買ってきた。
部品的になにやってるかモロバレですね〜。
でもこの先に繋がるモノはまだ未到着。

test circuit

それにしても、秋葉原も部品やさんどっかに集まってくれないだろか。
メイドさんとかアニメとかあっしはちょっとぐったりしてしまいます。。
秋月の近くに妹系カフェ「NAGOMI」ってあったけど。ぐったり気分を和ませてもらおかとおもいましたYO

アキバ行ったあとは、元帯広の友人夫婦と新宿3丁目で待ち合わせして、久々に居酒屋「池林房」で結構遅くまで飲む。
もしかしたら女優さんの占部房子さんをお見かけしたかも。。??
ちっさくてめんこかった。

Share on Facebook

電クリの機能

ちょとした説明を右の「こんなん〜」に書いてみたので転載

昨日いろいろやってて、LED表示の輝度調節が必要だと思ったわ。
今晩付けてみよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
音更町在住のアーティスト、ドラマーである岩本氏(R3,Milton’s Garden Orchestra)の依頼による
MIDI同期可能な体感メトロノーム

クリック音(メトロノーム)をヘッドホンで聞きながら叩いているドラマーは多いですが、
クリック音が周りの音に負けないようにかなり音量を上げなくてはならず
そうすると難聴の危険性もあるし、周りの音を聴けない、
さらにはヘッドホンすらも煩わしいという悩み(これ本人談)を解消するため
クリックを「体感」できるメトロノームをMIDI同期機能を加えて製作してみました。

・体感クリック
電極を体に(背中の腰を想定:一番動きが少ない箇所かと)貼り付け
電気刺激により筋肉を収縮させてクリックとして体感させます。
クリック感が明確に、ある程度速いBPMでも解像度がなまらないようパルスを工夫してみました。

電クリにおいて実装した機能は
1 ローカルBPMジェネレータ
  ツマミによりBPMを設定し、そのBPM間隔でクリックさせます。
  5で設定した拍(デフォルトは4拍子)の通りに
  小節頭のクリックは強く、そのほかは弱くクリックする。
  (2,3のモードも同様)

2 MIDI Note同期
  logicやLiveなどのDAWソフトでクリック用のトラックを作成し、クリックデータを打ち込みます。
  (小節のアタマのクリックはノートNo:64、そのほかはノートNo:60)
  このノートNoに同期してクリックさせます。
  任意のパターンでクリック可能となり、リズム体感以外の利用方法も考えられたり?

3 MIDI Clock同期
  ホストPCからのMIDI Clock(logicやLiveなどなど)に同期してクリックさせます。
  DAWのBPMを変えると当然これに同期します。
  PCによる打ち込みを使用するライブなどで使えそうな。

4 TAP機能
  TAPボタンを押すと、1〜3の機能からシームレスにTAPモードへ切り替わります。
  ライブ中即座にBPM変更できるようになります。
  尚、TAPモード時にSELボタンを押すと、TAPモード直前のモードへ戻ります。

5 拍変更(meter change)
  TAPモード以外でSELボタンを押すと、拍が変更できます。

6 クリックのスタート、ストップ
  スタート時は小節の頭へとリセットします。

7 MIDI CH変更
  MIDI chの変更ができます。(1〜16ch)

8 外部リモート
  TAP及びクリックスタート・ストップは、フットスイッチによるリモートが可能
  セッションやインプロなどのライブで使えそう?

Share on Facebook