new ArdOSC2.1

。。。9ヶ月ぶり?
おまいさんダレ?

えとえと、久しぶりに成果物アップしました
無謀にもGitHub。
git全然わかりませんが何か?
は?フォーク?Volksは好きですもちろん

https://github.com/recotana/ArdOSC

以前とは違いごそっと変えちゃいました
メッセージのオブジェクト作って
そのオブジェクトへArgumentをAddしていきます。今っぽいですね!

あと、大きいのは
OSCアドレスごとに処理先の関数を設定できるようにしました。コールバックですね
ただ、パターンマッチまではやってないので(重くなりそうなので)単に文字列のマッチングだけです。

もひとつ、String(char *)をgetする際は予めメモリ確保を・
Exmapleでは最初に文字数を取得してから、char v[文字数]でメモリ確保し、そのポインタ渡してます
スコープ内でメモリ確保して、スコープ抜けたときに勝手にfreeするので楽かな〜と。

もし、float、stringを使わないのであれば
OSCcommon/OSCcommon.h の
#define _USE_FLOAT_
#define _USE_STRING_
それぞれコメントアウトしちゃってください。
バイナリサイズ減るはず

ドキュメントは無いので、Exampleみてくださいませ。。。

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>