ただいまiPhoneアプリ作ってます。

iOSCです。

ベタですねー。
これはOpen Sound Controlプロトコルを送信するiPhone/Touchアプリケーションです。

・ライブなどで誤操作を防ぐのに、ボタンなどはサイズを大きめに
・パーツの外観やOSCメッセージをカスタマイズできるように
・さらに別個のホストPCを同時に制御できるマルチホスト機能
などが特徴かなー。

最初はほんとにごくごく単純なOSCアプリケーションにするつもりが
次期バージョンも視野に入れて作ってたら徐々に機能増えていってしまいました。
およそ形になってきたのでそろそろApp Storeへ一所懸命申請準備中。

昨日、共同でiPhoneアプリを作っている人の家でデモ動画撮ってきました。

先日作ったAVR-OSCの具体例
別にナイトライダーに特別な思い入れはないんですが
安く手に入ったのでAVR-OSC載っけてiPhoneでワイヤレスコントロール。
アクセスポイントは2階から。
実はWi-PortはアドホックでもOKなのですが、iPhoneってどうしてもアクセスポイントがないとだめみたい。
要はラジコンなんだけど、
「非JB iPhoneで非PCをコントロール」することがロマンですねー。とっくに先人はいるけど。

こちらはマルチホストの実例
2台のMacにMax/MSPの同じパッチ、同じOSCメッセージで起動。
ただしIPアドレスは別。
iOSCの各ボタン、スライダーにはそれぞれのIP(host)を振り分けてOSCメッセージを登録することができるので
このような複数台同時操作が可能です。

これはAbleton Liveの実演
LiveにはOSC機能がないので、OSC-MIDIブリッジのOSCulatorを使用しました。
いずれOSC-MIDIブリッジもつくらないといけないなーと思ってるんですが。
TouchPadでエフェクト変えていますが、
X軸、Y軸それぞれ単独でOSCメッセージを投げています。
なので、Padをより汎用的に使えると思います。

音源、というかLiveのネタは友人のR3のmorphを借用しちゃいました。

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>